デメリットは何なのか

療養型病院は、医療的な介護が必要となる寝たきりや障害を持った方が入所する施設ですが、もちろんデメリットもあります。その中でも特に気を付けておきたいのが、老人ホームなどとは違い終身入所をすることができないという点です。医学的な管理が必要としなくなったと判断されれば、対処を求められる場合もあります。ですから終身入所ができると考えていると、対処を促された場合に自宅に戻れず行く場所がなくなってしまうという事もあるので注意が必要です。

また、入居難易度が高いというデメリットもあり、入居を希望しても入居できない場合もあります。ですから、入居する際はまずきちんと入居できるかどうかを確認した上で、退所を求められた場合の事まで考えておいてから入所するようにしなくてはいけません。自宅が賃貸であるという場合は賃貸契約をしたままにしておいたり、退所を求められた際にすぐ戻れる場所を確保しておくという事が重要です。

そしてこの他にデメリットとして、多床室がほとんどなので個室に入る事が難しい、レクリエーションなどの生活援助的なサービスが少ないという点もデメリットに感じる人はいるでしょう。療養型病院は非常に魅力的なメリットを持っていますが、利用する際にはこれらのデメリットも把握した上で、どのように利用するかを考えるようにしましょう。